よくある質問

はじめての集団生活に、なじめるでしょうか?

一人ひとりのお子さんに合った接し方を心掛けておりますので、ご安心下さい。心配な方は園にいつでもご相談下さい。

▲ページトップに戻る

入園までに「おむつ 」が取れなくても大丈夫ですか?

著しい変化を見せるこの時期に、成長度合いを予測することは大変難しく、ご心配も当然ですが、その必要はありません。

▲ページトップに戻る

幼稚園選びで大切なポイントはどこだと思いますか?

家族の方が安心し、信頼して「通わせたい」と思える雰囲気であること。また、教育理念・方針カリキュラム・自然や施設・遊具など“園の力”があり、先生一人ひとりが、明るく全力で楽しむ力量をもっているかではないかと考えます。

▲ページトップに戻る

入園前にできるようにしなければならないことはありますか?

急に幼稚園入園のためにというしつけは逆効果です。お子さんの状態に合わせて、出来る事をやらせてみて下さい。ただ生活リズムだけは徐々に整えていくのが良いかと思います。

▲ページトップに戻る

3年保育にしようか、2年保育にしようか、迷っています。

今は3年保育で入園なさるお子さまが多いです。3歳頃になると、自立心の芽生えと共に、活発に遊ぶようになり、また、友だちを欲しがるようになります。この観点から3年保育での入園は適期と言えるでしょう。

▲ページトップに戻る

保育時間は、どのくらいですか?

保育時間は、おおよそ5時間です。
朝9時40分には、全園児が揃い保育が始まります。
月・火・木・金曜日は2時降園、水曜日は1時降園と充分な時間を確保して保育しています。
お帰りも、全園児が揃ってご挨拶をしてから、順次降園します。
集団生活の基本は、みんなが揃って保育を受けるまたは、活動をすることであると考え、大切にしています。

▲ページトップに戻る

入園後、購入する物について教えてください。

制服・制帽・通園鞄の他に、体育着・カラー帽子・防災頭巾などを購入していただきます。

▲ページトップに戻る

入園説明会はありますか?

9月8日(土)10:00~に予定しております。 詳細は各園のホームページをご参照ください。

尚、幼稚園見学は、随時、受け付けていますので、各園にお問い合わせください。

▲ページトップに戻る

途中入園はできますか?

随時受け付けています。但し定員に空きがない場合は、ウエイティングという形でお待ちいただいています。

▲ページトップに戻る

縦割りクラス(仲良しクラブ)について教えてください。

クラスや同学年に留まらず、異年齢の子ども達が触れ合い遊ぶ場を設定し、年長・年中児は年少児を労わり、年少児は年長・年中児を慕い敬いながら、生活や遊びの中でよい刺激を与え合い、学び合っています。

▲ページトップに戻る

園では防犯対策をどのようにしておりますか?

「門扉入口管理システム」… 外部からの不審者の侵入を防ぐ為と、園児が誤って外へ飛び出さないように、玄関門に電磁式電気錠を取り付けています。

「園内防犯カメラ設置」… 防犯カメラが作動しています。映像は1週間ビデオ撮影され残されています。個人の情報になりますので、安全に管理しています。

▲ページトップに戻る

通園バスのルートを教えてください。

バスルートは、ホームページを参考にしてください。毎年ルートは大きく変わりませんが、利用希望者の状況により変更しています。地域の交通事情、子どもにかかる負担の軽減や、保育時間の確保を考慮してコース修正をしています。具体的なことはご相談ください。

▲ページトップに戻る

給食について教えて下さい。

給食は月・火・金の週3回です。当園ではケータリング等のできあいのお弁当でなく、自園で作る給食ですので、作る人の顔が見え、栄養バランスを取り入れた安心安全の給食です。

▲ページトップに戻る

お弁当は毎日必要ですか?

水・木曜日は、幼稚園でお弁当を食べます。お母さんが作ったお弁当をいただきます。

▲ページトップに戻る

食物アレルギーがありますが、対応してもらえますか?

給食は、卵・牛乳・果物・魚の除去・代替の対応を行っています。アレルギーのあお子様には安心です。複数のアレルギーをお持ちの場合は、個別にご相談ください。

▲ページトップに戻る

預かり保育がありますか?

専任の先生が、毎日保育終了後から17時(夏場は17:30まで)まで行っております。また、長期の休み中も実施しています。

▲ページトップに戻る

幼児期に必要なこととは何ですか?

心と体を育てることです。お母さまやお父さまとの愛着関係をしっかりと築き上げること。全身をしっかり動かし自然の中で遊ぶこと。生活リズムを整え、人間としての生きる基礎をしっかりと育てることです。

▲ページトップに戻る

スイミングはどこでするのですか?

立石ダイワスイミング(オリンピックに出場した渡辺香奈子さんは千鶴幼稚園のスイミングが水泳のきっかけだったそうです)と提携して、年長中のお友達は毎月1回1時間指導をしていただいております。泳ぐことより水慣れが中心ですので、年長さんの第3保育期になると、ほとんどのお子様が「ふし浮き」。程度までできるようになります。

▲ページトップに戻る

自由遊びの時間はどこで遊んでもいいのですか?

十分な見守り体制により、いつでもどこでも遊べます。子どもたちは自分で考え選びながら、のびのびと過ごしています。

▲ページトップに戻る